コピー時計は“高級なおもちゃ”で

腕時計が過程に発展する中で、動力の問題はずっととても重要で、自動チップ発明、根本的に時計にいつも動力が満ちあふれているのを維持させられるためにしきりに鎖に行くなようなことはありません。

初期の時計、動力大概すぐ1日、だから毎日上弦に全て要って、そ後発展して私達よく知っている36時間に着いた、42時間、48時間、ずっと今ところまでとても普遍的な72時間、80時間。

動力需要増加、生活コピー時計専門店する中演じた役だため変化が発生して、それで時間道具の年代を見るに用いるで、人々は毎日腕時計をつけていて、固定的な時間上で鎖の習慣を身につけて、同じく技術レベルが制限する、だからあまねくただある日だけあるいは2日間の動力ためです。

今日、コピー時計は“高級なおもちゃ”で、私達は毎日それをつけていもうなければならなくなくて、だから長い動力は新しい需要になって、私は常に時計の時間をつけない中に望んで、それは依然として行っていることができて、さもなくば毎回取る時すべて時間を加減しなければならなくて、どんなに面倒です。だから、週間動力はすぐいくつかコピー時計専門店工場新しい種類を開発する方向になりました。

パテック・フィリップの5200は私は多く言う必要はなくたくて、5100が版に取って代わるで、四角形殻の四角形チップ、8日の動力、ブランパンの6630より少し高くて、藍盤26万ぐらい、白い皿31万ぐらい、現在のところが出会うはすぐ縁で、幸運です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です