ロンジン腕時計のブランド実物図1度刻むすばらしいデザイン

ロンジンは様々で精致な細部をそ中で放置して、もしも1つ語で必ずそ配置を形容しなければならなくて、あの便は:人を魅惑します。まず映るが私達目に入る古典のビロードできめ細かい銅色針金をつくるコンベックス面ようだ、眼光は少し偏りを行って、そ次に引き続き現れる便を締めるが交替で設計する中世のアラビア数字と銀色注文する形宝石時表示して、最終、すべて以上要素は結合して、細長くて優雅な葉形藍鋼ポインターと鮮明な対比を形成して、素晴らしい可読性をはっきりと示しました。

小さい3針ロンジンの腕時計で、秒針はもちろん自分に属する領土を持って、6時のつきあうそれとても精致なことに位置する見たところ同じくとてもはっきりしていますが、しかし更に存在のために存在するようで、時計文字盤下部広々としているに見えることはでき(ありえ)なくて、同時に少しの興味を加えて思います。

小さい秒皿下は付けていてアーチ形の外観‘Automatic’字句を呈するを表示して、これは1つ非常によくある設計元素ですが、しかしけちをつけたのが小さくて編みにとって、まだキャンセルするを落ちるほうがいくて、それから小さい秒皿を少し下でいくつか移すが表面はまるで少しもっと良く見えます。原始1945が内部の搭載していたを表すはCal.12.68Z型は手動で鎖チップに行って、しかし全く新しい復刻版1945小さい3針ロンジンの腕時計上で、ロンジンは現代化が譲歩をしたを考慮するから、それが配備するためにCal.ですL609.3型は自動的に鎖チップに行って、こチップは27の宝石軸受を持って、振動周波数は28800vphで、42時間動力備蓄物を提供することができます。

今年初めバーゼルが展を表す上に、ロンジン腕時計のブランド実物図1度刻むすばらしいデザインの人を魅惑する風采を見ますと、きっと今回中が最大輝点中一つを収穫するです。私達見たこクラシックの復古シリーズ1945の小さい3針腕時計、絶対に前世紀正装時にに対して計算して最も完璧なの解釈して現れると称する資格があります。霊感出所を1945年にブランド製造した1モデルが謎達を表してCalatravaになる時に計算させられるのを設計するにして、

新しく出す復刻ロンジン腕時計は各種角度からすべて全く1分すきもないを見に来ます。もっと面白いは、時間は2015年まであけて、その原形はまた(まだ)Sunflowerman画報の中水彩画腕時計テーマ1ページ中で現れたことがあってことがあります。
40mmサイズの精密な鋼が殻時計すのはとても簡潔で、少しの贅肉”に付いていないで、平らな表す小屋、適当な幅、また精巧で精致な表す冠によく合って、優雅な息はつける者一挙手一投足間で配って抜きんでます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です